P2 第4話 最新進捗状況!

b0205471_2274528.jpg
今進んでいるこのプロジェクトの進捗状況を初めてちょこっとご披露。1人でこの計画を構想してから早3年、有志参加くださる職人さんを全国に訪ね、声をかけ、やっと昨年よりご協力いただける職人さんと巡り会えるようになって来ました。30代の小娘が、60・70代の職人さんを何の後ろ盾もなく、資金も無く、志と企画力だけで説得して回るのですから、最初の頃、それはそれは全く門戸が開きませんでした。しかし今は、鞄を仕立てる職人さん、鞄の表地(龍村の古代布)をご提供くださる機織りの職人さん、鞄の裏地を描いてくださる東京手描友禅の職人さんと有難いことに、だんだんと鞄が作れるメドが立ってきました。

1つ1つ生まれてゆくご縁に感謝の気持ちいっぱいで活動している今日この頃。先週は鞄の裏地にする反物(着物の表地を鞄の内側に使っちゃいます。羽裏のイメージです)を選びに友禅の職人さんの所へお伺いしました。厚みのあるもの、薄いもの、軽いもの、しっとりと重いもの等、沢山のサンプルをいただき帰宅。今度はコレを鞄職人さんにお送りし、どれが最適かを選んでいただきます。下の写真は絹の生地を選んでいるところ。
b0205471_22454537.jpg
夕方、鞄職人さんに電話して仕事以外のこともおしゃべりしていたら・・・「そういえばこの間のクロコダイルのバーキンやっと納めたよ」との事。百貨店の上顧客さんからの依頼だったこのお仕事で作られたバーキンはなんと上代900万円なり!というか、エルメスと同じタンナーから材料を仕入れておられ、これがエルメスだったら、という値段が900。でもこの職人さんも同等、いえ、それ以上の腕をお持ちの日本で数本の指に数えられる職人さんなので、鞄の質はエルメスと全く同じ。このお客さんすごいお得なお買物をされました^^;

そんな凄腕の職人さんたちに支えられ、1歩1歩前進しているプロジェクトです。


プロジェクト連載はこちら

すてきな伝統工芸の紹介はこちら
[PR]
by yoko-room | 2011-02-08 22:49 | 伝統工芸バッグプロジェクト
<< P4 My work P4 My work >>